民営化前の郵便貯金払戻証書などはどうなるのか? 郵政民営化後のゆうちょ(郵便貯金)早わかりQ&A

2007年09月12日

民営化前の郵便貯金払戻証書などはどうなるのか?

民営化前に発行した郵便貯金払戻証書,郵便為替証書及び郵便振替払出証書の支払

いに関する債務は,ゆうちょ銀行に引き継がれます。

民営化後も,ゆうちょ銀行直営店又は郵便局(銀行代理業者)で受取ることができ

ます。

なお,権利消滅の期間は,これまでと同様,発行の日から6か月の有効期間経過後3

年(定額小為替証書は1年)となります。

※民営化前に発行した郵便貯金払戻証書,郵便為替証書及び郵便振替払出証書につ

いて,民営化後の再発行の取扱いがされないので注意してください。

有効期間経過等により再発行の請求をする場合には,券面金額が現金で渡される取

扱いになるので,併せて注意してください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55789708

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。